ホーム » エアコン関連 » 窓用エアコンのメリット、デメリット

プロフィール

 

初めまして、ハウスクリーニング歴15年、厚生労働省認可のハウスクリーニング技能士という国家資格も保持しています、お掃除の亀ちゃん代表の亀井と申します。
家族は美人の妻(笑)と小学生の娘と息子の4人暮らし、働き盛りの43歳です!

 

お掃除の亀ちゃんという名前は、正直最初は子供っぽいかなと思ったのですが、僕自身が長年このハウスクリーニング業の中でお客さんにそう呼ばれる事が多かったし、何より気軽に亀ちゃんと呼んでもらえる事に僕が喜びを感じていたので、引き続きそう呼んでもらえるようにこの名前にしました。

 

ご訪問の際は奥様もお気軽に「亀ちゃんさん」と呼んでもらえると実は密かに嬉しさを噛み殺していると思います(笑)。

 

 

 

Twitter でフォロー

窓用エアコンのメリット、デメリット

こんにちは、伊丹市のエアコンクリーニング業、お掃除の亀ちゃんです。

 

本日は少し珍しい窓用エアコンのクリーニングでした。
団地などでたまに見る、窓に設置するタイプの縦型のエアコンで、最近では店頭で売っているのはあまり見かけなくなりました。

 

こちらのエアコンは構造上、なかなか普通の壁掛けタイプのエアコンのように取り付けたまま高圧洗浄機でズバーっと洗う事は出来ませんので、ハウスクリーニングの業者でもクリーニングを受けていないところが多いですね。

 

普段はあまり受けないのですが、お客さんがどうしてもやってほしいとの事で引き受けました。

 

こんな感じで分解して洗浄しました。

 

dav

4年前に購入したとの事でしたが、そこそこカビは出ていましたね。

 

窓用エアコンのメリット、デメリットをまとめてみると、

 

メリット

  • 価格が安く3万~5万くらいで買える
  • 取り付けも自分で出来るので取り付け費用もかからない
  • 室外機がない

デメリット

  • 暖房は使えない
  • 機種によっては音が少しうるさい
  • 効きは通常のものよりは少し劣る
  • 窓が全て閉まらなくなるので、防犯対策が必要

 

だいだいこんな感じですね。まあメリットは主に値段が安いというポイントが大部分を占めますが、最近の壁掛けタイプは安いやつなら似たようなお値段でありますので、取り付け工事費の差くらいのもので、長い目で見るなら壁掛けタイプの方がいいかと思います。

まあネットくらいしか売ってるのあまり見かけませんけどね。

 

それではまた!

from お掃除の亀ちゃん


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください