ホーム » 生活お役立ち情報 » 家の中の方が花粉症が酷くなる理由と、その対策

プロフィール

 

初めまして、ハウスクリーニング歴15年、厚生労働省認可のハウスクリーニング技能士という国家資格も保持しています、お掃除の亀ちゃん代表の亀井と申します。
家族は美人の妻(笑)と小学生の娘と息子の4人暮らし、働き盛りの43歳です!

 

お掃除の亀ちゃんという名前は、正直最初は子供っぽいかなと思ったのですが、僕自身が長年このハウスクリーニング業の中でお客さんにそう呼ばれる事が多かったし、何より気軽に亀ちゃんと呼んでもらえる事に僕が喜びを感じていたので、引き続きそう呼んでもらえるようにこの名前にしました。

 

ご訪問の際は奥様もお気軽に「亀ちゃんさん」と呼んでもらえると実は密かに嬉しさを噛み殺していると思います(笑)。

 

 

 

Twitter でフォロー

家の中の方が花粉症が酷くなる理由と、その対策

こんにちは、伊丹市のエアコンクリーニング業者、お掃除の亀ちゃんです。

 

ここ一週間ほど、花粉症が特に酷くて鼻水がダダ漏れ状態なのですが、どうも外にいる時よりも家に帰ってきた時の方が症状が酷くなる気がするんですよね。

 

ですので、今日はそこについて調べてみました。

 

●花粉はどこから入ってくるの?

 

まずはどこから家の中に花粉が入ってくるのかという事ですが、

 

  • 換気時・・・窓の開け閉め、人の出入り等
  • 洗濯物に付着する
  • 外から帰ってきた時の衣類に付着している

 

主にこの3つが原因のようですね。

 

家の中は外と違って基本的に密閉された空間なので、花粉がいったん家の中に入ってしまうと、ずっとそこにあり続け、それを吸ってしまうという訳です。

 

●花粉を侵入させない対策

 

まずは家の中に入れない、という事が大事なのですが、そうするための対策としては、

 

  • 換気は花粉の飛散量が少ない早朝や深夜にする
  • 洗濯物はなるべく外に干さず室内干しにする
  • 外出時、家に入る前に頭や衣服の花粉を払い落としてから入る
  • 換気口にフィルターをつける

 

といった事でかなり低減できるとの事。

 

これらは自分だけでなく、家族全員の協力が必要になってきますので、皆で話して徹底してもらいましょう。

 

それでも部屋に入ってしまった花粉に対しても対策が必要で、空気中に舞っている花粉は加湿する事で床に落とす事が出来ますので、加湿した後に床の拭き掃除をすると効果的です。

 

あとは帰宅時にはすぐ部屋着に着替える事。外出時の服装で室内をウロウロすればするほど、服に付いた花粉を部屋中にばら撒く事になってしまいますからね。

 

あと、便利アイテムとして、花粉吸着カーテンという物もありますし、エアコンに取り付ける花粉吸着フィルターを付けると、お部屋の空気をエアコンが吸い込んだ時にそのフィルターに花粉が貼りついて集めてくれます。

 

もちろん部屋中の空気を吸い込んで吐き出すという事をしているエアコン内部にも花粉は溜まっていますので、エアコンをつけた時にくしゃみや鼻水が出るようであれば、エアコンクリーニングもお勧めですよ!

 

我が家では子供達が何度言っても玄関で花粉を払うのを忘れて入ってくるので、まずはそことの戦いですね(笑)

 

それではまた!

 

from お掃除の亀ちゃん

 

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください